いつも皆ありがとう 

最近も指揮させていただいています。
動画とか記事とかちょろっと要望がありましたので
昨日(9日)の本隊解散後の本隊をだらだらとあれこれ書いときました。
 
 
 
・9日解散後本隊
解散後で/wが上がらずかなり厳しい状況だと判断して消極的な戦闘になりました。
E対岸山布陣で、熊→キャベと押して撤収→対岸山布陣指示。

この指示は先行組みからしたらかなり不満のある指示だと自覚しながらも
キャベで負けて下がるのは、被害が大きくなりすぎる判断して即裏中へ引ける位置を強引に指示。

どちらにしろ(E先行が出きってしまう状況で)下げても厳しい勝負だったので、
熊で押したのだから(キャベへ)出して勝負しても良かったろう意見はまったく正しいと思います。
(その方が勝つ可能性も高かったし、負けても長時間の戦闘になる)

ただ指揮の判断としては/wからどこで戦っての敗色濃厚。しかし状況的に戦わないわけにも行かず
負けても次の行動に繋げたいと言うの判断。それには退路を確保出来た位置が理想。(再集合が早くなる)
この時点・この状況(Bが渓谷攻め)で、交戦を回避してまで勝敗にこだわるのは無意味に交戦回数を減らすだけと判断。
 
  
押し込まれ後の考えとしては
・24時をまわり本隊解散後の再集合。/wを上げるのは難しい。
・次に、時間的にも待機を維持しても集合率は下がる
・状況的に渓谷で戦うなら1戦するのに1時間は見ないといけない

つまりあえて長時間待機を維持するか・・・
それよりは即行動の指示を出して、素早い展開を望むのが理想と判断。
E本隊アルター集合時点では、方針として早い行動をする心積もりでした。

とにかく待機・集合より、何か行動をした方が展開が速くなると判断。
そもそも布石としてあえて再集合を優先した位置で交戦したので、早い段階で動くことが可能だしそうしたい。
よってE本隊は、即アルター集合指示。本来なら数を集め始め長い待機の始まるタイミング。

ここで古城(B)攻略指示を出したと同時に、豚(B)がPOP報告。
豚CC攻略指示を出し本隊はアルター待機。豚CCが落ちれば豚から出る。
この時点で丘へ行った後の選択肢は、丘CC攻略、アクセル、境界から渓谷へ、
高原・国内報告なら即アルター帰還と未定。

時間をかければかけるほどEが不利になると予想できるので
豚攻略失敗と共に即古城GO指示。この後に豚B本隊報告。

因みに押し込まれ後間髪入れずにアルター集合。
時間的にE本隊アルター集合時点で、
B本隊からしたらEはまだまだ中で数を集める真っ最中と思っているはず。
早い集合が可能になったのは、対岸山戦闘後裏中へ速やかにEが撤収できたことで実現。

古城に飛んで丘c→進んで城門でも丘c→東c
→港cでエビラインへ雪崩れ込み終了。
即アルター指示で→E本隊アルター完了と共に豚B本隊アルター開始報告。


対岸山布陣という強引な指示を汲んで下がって頂けた事
速やかにアルターに集合できた事
アルター集合→豚失敗→古城指示でE全体が「指揮の思惑察して」マップを超えて連携した事
素晴らしかったです。

全体の雰囲気として、この時間帯だとどうせ待機だし
待機の時間を使って丘からB本隊に揺さぶりをかけるのも手。
上手くいけばアクセルも取れるかも?的な乗りでガンガン進軍。
渓谷のEも強気で牽制し、報告も途切れず。
特に細かくCHをしたわけではありませんでしたがE全体の見事な意思統一でした。

おそらく時間的には、アクセルが終わった時点で
やっと集合できたE本隊が湖畔か葡萄に姿を現す時間だったと思います。
  
[ 2011/01/10 01:28 ] 諸葛先生の対人講座 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する