間隙 

■盾縫いとは
現在、盾スキルを有するPCが多いのがWarAgeである。
その理由は後述するが、今回はその盾をアンチスキル以外の方法で破るPスキル
 
 
 
盾スキル問わず、どんなスキルも実行すると大体このような状況になる。

□□■■■■■■■■■□□□

… 技の実行
… の効果の発生
… 発動による硬直or効果が現れるまでの時間

盾縫いとは、盾技と盾技の間にできる
に自分の攻撃の判定を持ってくる事を言う。
当然、短い時間なのだが、確実に存在し判定を出す事は可能。

ラグ等による表示ズレの問題を別にして
盾スキル実行時のモーション等の表示される視覚情報を元に狙っていく。

各盾スキルと当然扱う武器、更には技によってタイミングと感覚は違ってくる。
なので各盾に対しての細かい照合はここでは割愛したい。

■相手が使ってくる盾技
シールドガード、スタンガードを中心にリベンジガードの三つ。
これに劣勢や奇襲を受けた場合にインパクトステップ、カミカゼ。
スタンガードとリベンジガードの発生硬直感覚は似ている。
シルガとスタンと以外の技は、より癖が強く多様はされない。
つまり相手は、シガとスタガの二つしか使ってこないと前提してもある意味間違いではない。

■盾縫いを比較的実行しやすいと言われている武器スキル・技
・槍:アタック
・刀剣:アタック
・素手:アタック
・素手:ジャブ
・素手:IF
・キック:サイドキック
発生の早い物とモーションの小さい物が盾縫いに適していると言える。
これに各種武器のレンジやモーション等の絡んでくる。
ただどんな技武器でも判定発生のタイミングさえ掴んでいれば理論上は盾縫い可能。

◆例えば
スタンガードに対するタイダルスピアー(槍)での盾縫い
・スタンガード単体


・スタンガード→シルガ(先行入力)


盾を縫う際重要なのは『技の文字表示』と『モーション』。
ボク自身は、技の文字表示を特に重視している。
動画とっててラグイとモーションなど見れない場合が・・・
当然もモーションを見れた方がより確実。

スタガタイダルの場合は、スルガの文字が見えてから→かがみこむ動作に移る瞬間。
感覚としては『技の文字』が見えて一瞬置いてから出す。
文字が見えた瞬間(スタガ実行時)だと有効時間ぎりぎりに引っかかりスタンする。

盾が取りやすい代名詞のタイダルスピアーだか
その癖の大きさのために逆に発生のタイミングは掴みやすい。
とかは、ボクだけかも知れんが・・・

しかし検証でかなり久しぶりに槍使ったが縫えるもんだ。
やっぱやりなれてる武器ってのはあるもんだな
[ 2008/04/15 09:05 ] 諸葛先生の対人講座 | TB(0) | CM(2)

盾縫いのしやすいスキルに何故ハラキリがはいっていないのか三行で答えよ
[ 2008/04/19 02:27 ] [ 編集 ]

士道
不覚悟
故に
[ 2008/04/19 16:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://waraimoe.blog90.fc2.com/tb.php/274-36bc0bea