諸葛先生の対人講座補足 

>■本隊戦の概念
>■棍棒の歩き方
偉そうに言えば本隊戦で何が起きているかと言うことを具体的な例をだして指摘してみた。
実際このようになっているかはまた別問題で、細かく戦況が動くからな。
別の視点からの説明も出来るし、あと三種類ぐらい理論(笑)確立できそうだ。
個人的に「この説明が一番わかりやすい」と言うものを選択した。
題名つけるなら「MoEにおいての『ライン戦術理論』」となるわけだな(笑)。失笑もんだな。

つまり記事内でも書いたが、本隊で何が起きてるかわかんね・・・とか
待機させられるだけ、突っ込んで死んで終わり、死体あさって終わり、わーわーしてるだけでワケワカメ
って人向けにこんな風に捉えるとより楽しいんじゃないかなって事を提供してみた。

・本隊楽しくねぇ…→スレ民啓示:範囲取れよ→範囲取った→やっぱ意味ワカンネww

大抵このスパイラルに陥る人は脳筋キャラ。棍棒取る人が多いので棍棒を題材に組み立てた。
棍棒取っても生かし方が、すぐにはわからない人が多いと思う。
「なんか適当に打ってるだけだわ…役に立ってるの俺?」的な。
なので具体的なヒントを提供。
時間をかけて自分で掴んでいくのが楽しみだけど、それ以前に諦める人もいるからなぁ


(*重要)あと棍棒の歩き方ので、説明が不足してる部分がある。
言訳するとラインの押し引きの説明に必死になっててすっぽり抜けてた。
なので下記の赤字の部分を >■PT規模(PTからの小規模戦) の直前に加筆。

>■範囲を打つ位置 の項
◆で結局具体的な位置どこなの?
上の説明の限りでは、ある程度戦況が読めないと何処で範囲を実行していいかわからない。
戦況が読めるぐらいなら、打つべく場所もすでにわかってるだろう。と言う問題点がある。
まさにそうだ。そこは、あえて触れずに自分で見つけてくれと突き放すのも手ではあるが
ジャポンの近代体育の父に習ってすべからく明らかにしたい。

この項では、具体的な目安(コツ)について示唆する。
当然これが全てと言うわけではないが、大勢としてこれさえ行えれば問題ないと考えてもいい。

◇例えば
①.牙罠が種を撒こうとする場所を予測して、牙罠に合わせて実行する
②.自ら押すべきところを見つけ、その場所で実行する

①は、手練牙罠に目星をつけてその人の動きを追う。
いきなりは、出来なくても彼らの動きを見ていればおのずとパターンが見えるだろう。
彼らが仮想ラインに突っ込んでから、大体でいいので
どのくらいの位置で撒くかと言うことを事を掴むのがポイント。

②は、逆に自分の動きに牙罠や周りの人間に合わせてもらう事になる。
具体的には、自分が範囲を率先して実行しに行く事で、この位置に種を撒いてくれと言う事。
実際は、周りの空気を読んで「出そうだな」とか「ここは留まるべき」とか思ったら実行。
その動きに合わせても回りも動いてくれる。(事を願う。いや動いてくれる空気を読むのも腕か?

基本は、この二つ。他にもこまごまとした物もあるが割愛。
この二つさえ出来れば応用も簡単だろう。

*赤字08/04/19加筆


最後に、ミリタリー風の書きまわしがキモイ(逆に解り難くくね?)と指摘されたが、まさにその通りだろう。
冗談半分で書いたものを、きちんと説明しようと修正した結果ああなった。どうしようもない。
あときっちり説明しようとすると長くなるのもどうしようもない。
数回に分けようかとも考えたんだが記事の性質上やめておいた。

>■間隙
この記事は、今更書くほどの事でもないような事を題材にしてみた。
つまりやってればわかるため誰も取り上げないような物をわざわざ記事としてあげた。
そのためかなり初心者向けの内容。
盾縫いとはつまり何をやってるのかと言う基本的な部分の説明。
『盾縫い』の用語も一部で使われてる通称で、コミュニティーによって呼び方が違う。

スレとかゲーム内会話で意味ワカンネつまりどう言うこ事だよ
と思った人にわかりやすく説明できたらと腐心。

一般層以上が知りたいのは、この技で(・この武器で)・あの盾技に・どのタイミングで
さらには、どんな状況でとか踏み入ったものだろう。
物足りない感が否めないのはご容赦して頂きたい。

なので>■相手が使ってくる盾技 の項での説明もかなり大味。
始めたばかりで、多様な盾に対応する事考えると逆に混乱する人のほうが多いんじゃね?
って事で「シルガ」と「スタガ」だけ使ってくると思えばおkと
ある意味間違いじゃないけど、厳密に言うとそれだけだと乙る矛盾した会見となっている。

追伸、急に声かけたのに付き合ってくれたVIPの人ありがと

>■正か奇か
ここまでくると完全なオナニーなんでスルーしてwwwおkwwww

まあぶっちゃけると壮大なオナニー感は否めない。
ネタ程度に楽しんでくれた人がいるなら嬉しい。そんな人が一人でもいれば成功。
まあ何にしろネタになったならいいか。うん。だな。

人生長ければ恥多しとは言うが、如何にWeb上だって思っている事を声高に叫ぶのは勇気がいるもんだな。
[ 2008/04/16 08:15 ] 諸葛先生の対人講座 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://waraimoe.blog90.fc2.com/tb.php/287-8a11c71a