死魔No.1(スキル50:バブティムズポイズン) 

◆バブティムズポイズン MP28 触媒NP3 詠唱225


5秒枚に4回ダメージ
魔力0、死魔100で一回のダメージが15~25。移動詠唱の影響を受け、詠唱時に動くとダメージ減。
タックルから際接触までに、詠唱を通すのは難しい。
あまり注目されていないが、とても優秀なDoT。高魔力だとDoT30ぐらい楽に出るようだ。
槍の手数と合わせると包帯潰しにかなり有用。
あまり使われないせいか、盾持ちが甘く見て防がないことも多い。

だが、現実はそんあに甘くない。よく訓練されたwrage民なら最初から
訓練された人なら二回目からきちんととガードしてくる。
逆に、盾持ちなのに何度も戦っても遠距離開放の魔法を対応して来ない場合もある。
相手の実力が測れる技でもある。

距離が離れた状態で開放しても盾で対応されるだけなので、確実に入れるには工夫が必要

1.相手がBUFF中に開放
相手が、技を使っていて盾が出せない硬直中に開放する。
一番ベターなのが相手がKM,B中の開放。

2.わざと詠唱を見せる
相手との距離がある状態が条件。詠唱を見せることで、相手の盾を誘う。

魔法を防げる盾技は二つ。リベンジガードとマジックガード。
現実的に考えて、この技を二つ出させてから開放と言うのは無理。
だが逆に言えば、この二つのどちらかしかない。タイミングを合わせやすい。
(アタックやタイダルを盾と盾の間にあわせる場合、4~6の盾技のどれかとなる。
(発生・効果時間の長さの違うそれぞれの技に同じように対応するのは難しいと言うか無理。
この二つどちらかを出させる事で、盾を出した後の次の盾を出すまでのわずかな硬直時間に着弾することを狙う。
つまりチャージ状態で詠唱することも条件。ジャンプで詠唱を一旦止めタイミングをずらすのも有用。

3.開戦後に開放
上の二つは、相手のレンジ外からの解放を狙ったもので、こちらは相手のレンジ内でのゼロ距離開放。
迫撃した状態で、開放すると当然着弾が早く盾が間に合わないor単純に対応できない。
もしくは、技使用中の盾が出せない状態で開放する。
例えば、本来アタックのタイミング(相手がこちらがアタックするだろうと思っている)で開放すると
ボク:魔法チャージ開放
相手:SD!!
あまり期待できないが、確実にDoT入れつつSDを空打ちさせるのにも使える。
相手にとって通常と動きが異なるのか為か、被弾を避けつつ魔法を開放することはそれほど難しくない。

◆私的感想
とても優秀なDoT。ボクの場合重要なダメージソースとなる。
確実にダメージを蓄積させて行くことが大切なボクには欠かせない魔法の一つ。
移動詠唱と相手の抵抗値とは関係なく、ダメージに4~6と幅が出るようだ。
[ 2007/03/25 17:39 ] 死魔 | TB(0) | CM(2)

ゴーストダンスも愛して
[ 2007/03/26 15:22 ] [ 編集 ]

そういやゴーストバスターズって映画あったな
[ 2007/03/27 20:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://waraimoe.blog90.fc2.com/tb.php/59-6c19940f