スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

09/10/17本隊簡略記録 

■対岸山~キャベ戦
ELGが湖畔に押し込まれELG本隊湖畔。
B本隊はキャベや中洲、坑道前を動き回って
最終的に対岸(桟橋)に押し込みに。

押し込んで即戻るのは最近のBの行動から予想に難くなかったので
轢いた瞬間に集まっていたE本隊を即対岸へ渡らせる。
対岸BUFFでいったん停止しそのままクマへ

対岸山とクマでB先頭を撃破したが
Bがキャベでがっつり布陣していると考えられたので
距離的なものは考慮しつつ足並みをそろえるためクマで一旦停止指示。

ワンテンポおいてキャベへ突撃。15ぐらい潰し。キャベBSQはアルター。

キャベでBが待ち構えていると思ったので、
停止をかけてしまったがこの停止は結果的には必要なかった。
この辺の調整は中々難しい。

■三叉戦
境界から瓦礫へ進み布陣。偵察の報告を聞いて三叉へ進軍。
移動中に城門B本隊報告。

ELGは三叉布陣しBUFF。B本隊は橋前岩布陣。

ここでB本隊が橋前岩から動いた報告。
この日は、偵察の情報がタイトだったので、ここで我慢しワンテンポおき
B本隊橋を越え報告が入ったところで、この報告にあせてE本隊を突撃指示。

同規模の戦いとなったが、この日のEは士気も高いのはもちろんだが棍棒の範囲が範が多く押し出す。
B右翼が粘るもE右翼が橋に到達しB右翼が分断され孤立。
B右翼は橋前(三叉側)に取り残され壊滅。
そのまま城門押し込み。

その後下げトラCC攻略で瓦礫布陣で一戦狙い長い待機を強いてしまった。
その後は、少数を押し東まで込みアルターで帰還。

[ 2009/10/18 03:05 ] MoE | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。